ホーム > フィジー留学・バーチャルツアー

フィジー留学・バーチャルツアー

フィジー留学への出発〜フィジー出国-帰国まで – Virtual tour –

お申込みの流れに沿ってご出発まで留学準備が整いましたら、いよいよフィジーに出発です!ここでは、フィジーへ出発してから、留学を終えて帰国するまでの流れをご説明します。
今まで数多くの留学生が、ランデブーフィジーでしっかり英会話力を身に付けて自信満々に帰国されています。
少しでも不安な気持ちを解消出来るよう、Virtualにフィジー留学を体験してみましょう!


フィジーへの飛行機

フィジーへの飛行機

フィジーへは、韓国ソウル経由の大韓航空、または香港経由のキャセイパシフィック航空(フィジーエアウェイズとコードシェア)の利用が定番です。

海外が初めての方、海外旅行経験はあるが一人での渡航が初めての方、お子様単身留学の方、ご安心ください。乗り継ぎは大変シンプルで、大韓航空なら仁川空港で十分な待ち時間があります。迷った時は航空会社スタッフに勇気を出して英語で聞いてみましょう。ここから冒険の始まりです。




フィジーの入出国カードの記入

フィジーの出入国カード

ナンディ行きの機内で、フィジーの入出国カードが配られます。名前、国籍、生年月日を始め、パスポート番号やフライトナンバーの記入欄もあるため、パスポートとEチケット(チケット)、筆記用具は取り出しやすい場所に保管しておきましょう。

オリエンテーションブックには入国カードの書き方サンプルを載せています。サンプルを参考に記入してください。






フィジーへの入国

フィジーに到着すると、南国調の音楽とともに飛行機を降ります。大きな空に青々とした緑が目に飛び込んで来るでしょう。

空港到着ターミナルに入ると、フィジアンバンドが歓迎の歌で迎えてくれます。(※入国審査に進む手前に、男女お手洗いがあります。)入国審査・税関審査が終わると、自動ドアの向こうは待ちに待ったフィジーです!




スタッフが空港でお出迎え

ナンディ空港での出迎え

入国ゲートを出ると見える入国ロビーの風景です。自動ドアを出ると、左手にはブルーのANZ銀行(カウンター、ATM)、Vodafone(ボーダフォン:携帯電話ショップ)が隣り合っています。

入国ロビーの目の前にはインフォメーションデスクがあります。右手にはベンチがあり、送迎スタッフ専用のベンチもこちらです。このベンチ周辺で、「フィジー留学 ランデブーフィジー」と書かれたカードを持って、スタッフが留学生をお待ちしています。(万が一、スタッフが見当たらない場合は、インフォメーションデスクにお問合せいただき、ロビー右手のベンチでお待ちください。他のトラベルエージェントや、トラベルエージェントのオフィスについて行かないようにしてください。)




まずは両替しましょう

フィジーの両替所

フィジーに到着したら早速日本円からフィジードルへ両替をしましょう。

両替は日本で済ませる必要はありません。空港では、入国ゲートを出てすぐにあるANZ銀行、ロビーを抜けた突き当たりに両替所があります。空港の両替所は24時間空いていますが、ナンディタウンの両替所は平日午後5時頃までしか開いていません。到着後、まずは両替を済ませましょう。




フィジー到着後オリエンテーション

フィジー到着後のオリエンテーション

ランデブーフィジーに向けて出発します。ランデブーフィジーに到着後、日本語スタッフからのオリエンテーションを受けます。滞在やレッスン、フィジーに関するご案内をご説明しますので、しっかりと聞きましょう。ランチを挟み、クラス分けのためのプレースメントテストを行います(ランチは到着時刻により前後することもあります)。筆記用具のみをご用意ください。(※土日祝ご到着の場合、プレースメントテストは翌平日の開校時〜行います。)

その後、ランデブー滞在の留学生はフリーですので、ひとまず旅の疲れを癒してください。ホームステイの留学生はホームステイ先まで送迎します。フィジーでお世話になるファミリーとの対面です。翌平日からいよいよレッスンが始まります!




さて、いよいよ留学の英語レッスン開始です

フィジー留学の英語レッスン

到着の翌日が平日の場合は、翌日からレッスンスタートです。各クラスに分かれて授業がスタートします。授業の内容や1日のスケジュールについては、スクール案内をご覧ください。

平日はしっかり英語学習に集中しましょう。放課後は教室を開放しているので、空いた時間を自習に充てて予習復習することが出来ます。午後のフリータイムや楽しい仲間との夕食後の語らい、そして週末には思いっきりフィジーを満喫してください。充実した留学期間はアッという間に過ぎてしまいます!




フィジー留学も最後となりました。

フィジー留学の終わり

愛情たっぷりの厳しい英会話レッスン。素晴らしい仲間との出会い。思い出深い青い海と豊かな緑の中での生活。まるで家族ように優しかったフィジーファミリーと過ごした時間。とうとう留学も最終日となりました。ランデブーフィジーで過ごした時間は、きっと今後のあなたの大きな自信となるでしょう。

最終日は、ランデブー滞在の場合空港送迎付き、ホームステイの場合は各自空港まで向かいます。日本に帰っても、フィジーでの経験を活かして英語学習をしっかりと続けましょう。