ホーム > ブログ > フィジー留学 > マンツーマンレッスン
フィジー留学情報満載!ランデブーフィジーブログ
2017年01月23日(月)

マンツーマンレッスン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

マンツーマンレッスンは受けられますか

「フィジー留学に行きたいけれど、マンツーマンレッスンを受けたい」というお問い合わせが時々あります。

フィジー留学の放課後
ランデブーフィジーの放課後の様子

はい、出来ます!しかも無料です。

ランデブーフィジーは、開校当初、学校の授業の一環としてマンツーマンレッスンを行っていました。
「あの頃が懐かしい!」というリピーターの元留学生様もおられるかもしれません。

確かにマンツーマンレッスンは、「セールスポイント」としては素晴らしいです。

ビジネス的には続けたいと思っていましたが、教育の現場で長年、留学生を教えてきた先生の声を聞くと違う答えが返ってきました。

先生にとっていちばん授業を進めやすく、留学生も効果的に力がつくのは15人までのクラスだと言います。

そこで、留学生とフィジーの実情に合った今の留学スタイルになりました。

学校の授業は少人数クラス、放課後はマンツーマン(一対一)で英語を実践的に学んでいただきます。

フィジー留学でマンツーマン英会話

何年も前、私がラウトカ市に住んでいた時のことです。
同じ住宅地のバス停で降りた時に買い物帰りの重たい荷物を持った小柄なおじいさんから、「どこに住んでいるの?」と英語で聞かれました。
当時、ラウトカ市に住んでいる日本人は10人に満たないくらいでした。
おじいさんにとって東洋人は珍しかったのです。
私はその時、「知らない人から急に話しかけられても。」と思い、無視してしまいました。
後から思えば、「おじいちゃんにちょっと冷たかったかな?一言くらい返事してあげればよかったかな?」と少し後悔しています。

日本では、山登りの最中に向こうからやってくる登山者に挨拶するくらいしか、見ず知らずの他人とすれ違いざまに挨拶しません。
日本の感覚だと、あまり知らない人に声をかけないですが、フィジーではそうでもないようです。

もちろん、街に出た時に、知らない人に警戒するのは大事ですが、ローカルはフレンドリーに話しかけてくることがあります。
道ですれ違う時に、「ブラ!」(フィジー語でこんにちは)と挨拶したり、話しかけてこなくてもニコッと微笑んできます。

初めて日本からフィジーに来た留学生に、「ずいぶん顔が広いんですね」と私は言われたことがあります。

たとえ英語初心者でも、フィジーの人たちはゆっくりしっかり合わせて話してくれる人、しかも、話好きな人が多いです。
日本のように忙しい生活を送っているわけではないので、時間はたっぷりあります。
初めて会った日本人に質問攻めになるくらい、話しかけてくることもあります。
もちろん、話したくないプライベートな事は話さなくてもいいですし、付き合う人を選ぶのは大事でしょう。
フィジーの治安は気になりますし、留学中の安全は自分で守るものです。

でも、こういうフィジーのローカルの特性を上手く利用しない手はありません。

他の留学ですと、マンツーマンレッスンとグループレッスンの組み合わせが多いようですが、ランデブーの場合は、学校でマンツーマンレッスンをわざわざ設けなくても、放課後はタダでナチュラルなマンツーマン英会話ができます。

ランデブーには、ローカルスタッフの他、ネイティブ英語の方もいます。
また、ホームステイでは、周りに日本人留学生や日本語スタッフがいません。

「英語をは話さなくてはいけない」環境です。

フィジー留学で一番英話の勉強になったのは、

「ホームステイでホストファミリーとずっと英語で話していたこと」
「ローカルスタッフとのやりとり」
「先生に質問した時のこと」
という留学生もいます。

フィジー留学のホームステイ
ホームステイ先でホストシスターと一緒に

マンツーマン授業に頼る他国の留学

他の国の留学だと、治安や環境の問題があります。

治安の問題

  • 放課後、学校外で英会話をローカルや外国人とじっくりする機会がない。
  • ホームステイできない
  • 学校内でほとんどの時間を過ごし、英語の勉強をする
  • 英会話の相手

  • 日本人に合わせてゆっくり話してくれない
  • 忙しいから、相手にしてくれない
  • マンツーマンレッスンを学校で受け続けると

    授業としてマンツーマンレッスンを受け続けていると、「先生とはスムーズに話せるけれど、ほかでは大して英会話ができたい」と感じることがあります。
    先生は、ジャパニーズイングリッシュに慣れています。うまく合わせてくれる人とばかり話すのは最初はいいでしょう。でも、ストレートばかりではなく、進歩には変化球も必要です。

    もっと実践的に色んな人と、色んな状況で英語を話してみませんか。

    ランデブーフィジーの英語学校

    フィジー留学に参加される留学生の大半は、英会話初心者または、中級者です。
    少人数レッスンだと、わからないところを他の生徒に助けてもらったり、他人の間違えから学べます。
    自分の英語力が伸びているのかどうかは、一人だけだとなかなか気付かないものです。
    自分と比べる対象がいたほうが自分の英語レベルや長所と短所がわかり、目標達成がしやすくなります。

    マンツーマン英会話を効果的にするには

    マンツーマンで英語をたくさん話すと「英語を勉強した!」という満足感はあります。
    まだ英語耳になっていない英会話初心者や中級者は、とにかく喋る機会を持つこと、英会話になれることは、とても大事です。

    でも、そのうち、英語の伸び悩みを感じるようになってしまいます。
    毎日同じような日常会話の繰り返しでは、新しい英語表現やボキャブラリーの数がなかなか増えません。

    マンツーマン英会話を「英語に慣れるだけの雑談」に終わらせてはなりません。

    どうしたら、新しく学んだ英語表現を実践し、自分で使いこなせるようになるのでしょうか。

    マンツーマンレッスンを効果的にする方法を考えてみました。

    学校の勉強の予習復習をしっかり行う

    せっかく買ったのに、使わなかった品物はありますか?
    もうどこにあるのか見つからないかもしれません。
    買い物から帰宅後、商品を使わないまま、放っておくのはもったいないです。きちんと収納してから使わないと意味がありません。

    英語レッスンで学んだ知識も同じです。
    マンツーマンで英語を話すだけでなく、予習・復習の学習をしっかり行いましょう。
    新しい表現を学び、それを自分のものにしなければ、いつまでたっても使う英単語や英語表現のレベルは上がりません。

  • メモやノートを常に持ち、新しい表現や単語をノートに書いて覚える。
  • 口に出して、シャドーイング(聞いたことをそのまま真似して話す)する。
  • 単語や熟語を覚えるのが下手、という方は、実際の英会話で使う場面を考えたり、その言葉を使って話してみる。
  • バラエティに富んだマンツーマンになるよう工夫しましょう

    話のネタがない、飽きてきてしまった。
    そんな時には、「自分でマンツーマン授業を作る」のです。
    いろいろなマンツーマン英会話の方法があると思います。楽しく勉強できる方法を考えてみましょう。

  • テレビ番組を一緒に見て、それについて話す。フィジーのテレビ番組は、放課後、子供達が帰宅する時間に合わせて子供番組があります。英会話初心者でも大丈夫です。
  • 英語中級者は、フィジーの新聞を読んだり、テレビのニュース番組を見て、それについて話す。
  • テーマを決めて、話してみましょう。例えば、写真を見せながら自分のことを紹介しましょう。スマホやPCの写真でもいいでしょう。東日本大震災のことは、フィジーのテレビや新聞などのメディアで大々的に報道されていて、今でも「あなたの家や家族は津波で大丈夫だったの?」と聞かれるかもしれません。自分自身の経験や見聞きした話を話すときっと興味を持ってもらえます。
  • フィジーの文化を体験しましょう。ユニークな新しい単語がたくさん覚えられます。
  • 基礎の英文法も大事

    「話すときは、単語を並べるだけ。サバイバル英語で文法は間違えだらけになってしまう。」
    という英語初心者でも、英文法は英語上達の土台になリます。
    フィジー留学前や、留学中に基礎英文法を勉強し続けましょう。

    マンツーマンの本当の意味

    話は変わりますが、
    外国人に、
    「マンツーマンレッスン、プリーズ」と言って通じません。

    「マンツーマンレッスン」は、和製英語です。
    英語で言っても通じません。マンツーマン man-to-man は「腹を割って話す」という意味です。
    マンツーマンレッスンと同じ意味の英語は、プライベートレッスン private lesson です。
    英語で「1対1」は、ワンオーワン one-on-one です。

    余談ですが、知識として知っておいてください。