ホーム > 留学の学校案内

留学の学校案内

フィジー留学ランデブーフィジー | 目的に合わせて選べる2コース

フィジー留学の学校のコース案内



ジェネラルイングリッシュコース / 8:00 – 14:00(1日5時間)

英会話力向上を一番の目標に、「話す・聞く・考える・読む・書く」をバランス良く基礎から身に付けるコース。基礎英語〜スピーチ、プレゼンテーション、ディスカッションまで、初級〜上級に別れてレベル別に対策をします。会話中心のレッスンのため、実践的な英語が効率良く身に付きます。定期的にテストを行い、自身の英語力の伸びを確かめます。

ジェネラルイングリッシュコース時間割

コマ 時間
1限目 8:00 – 8:50
2限目 9:00 – 9:50
3限目 10:00 – 10:50
4限目 11:00 – 12:00
ランチ休憩 12:00 – 13:00
5限目 13:00 – 14:00




ビジネスイングリッシュコース / 8:00 – 16:00(1日7時間)

ランデブーフィジーのビジネスイングリッシュコースは、『ジェネラルイングリッシュコース5時間+2時間のビジネス英語レッスン』が受講出来るコースです。ビジネス英語を学びたい方はもちろん、短期で集中的に英語を身に付けたい方、TOEICなどの検定のための高度な英語力が必要な方にも有効なカリキュラムとなっています。月140時間の学習時間は、日本で英会話教室に毎日2時間通っても約3ヶ月かかります。レッスンはスピーキング力を中心に、バランスの良い英語力向上を目指していますので、短期間で効率良く英語力を伸ばすことが可能です。

ビジネスイングリッシュコース時間割

コマ 時間
1限目 8:00 – 8:50
2限目 9:00 – 9:50
3限目 10:00 – 10:50
4限目 11:00 – 12:00
ランチ休憩 12:00 – 13:00
5限目 13:00 – 14:00
6限目 14:00 – 14:50(ビジネスイングリッシュ)
7限目 15:00 – 16:00(ビジネスイングリッシュ)

フィジー留学の学校の授業




レッスン内容サンプル

ジェネラルイングリッシュコース

時間 テーマ レッスン内容(例)
1限目 発音

ボキャブラリー
《オープニング》一日のテーマに沿った英単語・長文や詩などに登場する英単語・単語カードやクロスワードパズル・早口言葉を使っての発音練習及び語彙力アップを計る。発音練習からスタートすることで、朝の固まった口をほぐしウォーミングアップ。ただ単に正しい発音が出来るようになるだけが目標ではなく、正しい発音を聞き取ることも重要視。(例)アメリカ英語・イギリス英語の「発音、言い回し、単語」などの違いについて=場所にとらわれず、世界のどこに行っても通用する英語を身に付けるトレーニング。(例)スラング=日常で使われるスラングを取り入れ、普段の生活で英語を話す楽しみを感じることが目的。

【目標】正しい発音を身に付けること/新しい語彙の正しい意味を理解し身に付け、日常生活で使える英単語の幅を広げること
2限目 モーニングトーク 《会話力強化のウォーミングアップ》ディベート・即興グループプレゼンテーション・スピーチ・対話練習などを使った会話トレーニング。(例)教育、政治、環境、経済などの様々なトピックに基づいて5分間の即興プレゼンテーション。他の留学生はプレゼンテーションで新しく聞いた単語や要約を発表し、リスニングスキルと語彙力・理解力・表現力などを同時に高める。

【目標】英語に対する自信を付けること/筋の通った会話をすること/よりスムーズな受け答えをすること/英語でのプレゼンテーションやディベートの進め方についての知識を身に付けること
3限目 リーディング 《リーディング・読解力強化》教科書や新聞記事などの教材を用いて英文読解のトレーニング。終盤には英文要約も行い、文章力をつける。英文の内容をビジュアル化することで、想像力を高める。講師から、及び留学生同士で内容についての質問を投げかけ、お互いに答えることでより理解力を深める。

【目標】英文を読み、内容を正しく理解すること/英文を読むスピードを高めること/要約トレーニングをすることで、自分の言葉で表現する力を養うこと/『英文を読む』ことに慣れること
4限目 文法 《正しい英会話をするための文法強化》正しい文法の使い方(S+V+O、S+V+C、接続詞、過去形、未来形、複数形など)を学ぶ。よくありがちな文法間違いを徹底的に強化し、普段から正しく使うトレーニングを行う。各自例文を作成し発表したり、ペアを作り教え合うことで、様々な文章構造を学ぶ。エクササイズに登場するイディオムやボキャブラリーにも触れる。

【目標】正しい文法を使った文章を作ること/正しい文法を使って英語を話すこと/よりクリエイティブな文章を書くこと/正しい文法を身に付けることで、より積極的に英語を話す姿勢を身に付けること
5限目 コミュニケーション 《自己表現力強化》ディベートやディスカッション・スピーチ・(即興)プレゼンテーション・ペアティーチング・ゲームなどを通して、英語で自身の意見を表現する力を養う。(例)チームに分かれてディベート。与えられたテーマに対して、より的確な意見を英語で表現することが必要となるため、表現力だけではなく、イディオム、単語力、スピーキング力も同時に試されるトレーニング。クラスメイトや講師の前で発言することにより、「人前で英語を話す」ことに対しての自信が付き、日常会話でも自信を持って英語を使えるようにトレーニングをする。

【目標】英語に対する総合的な自信を付けること/即座に自分の意見を英語で表現すること/英語での発言力を養うこと/1限〜4限までに学んだことをアウトプットすること

ビジネスイングリッシュコース

時間 テーマ レッスン内容(例)
6限目

7限目
ビジネス
英語レッスン
×2コマ
《ビジネスシーンで使える英語力を養う》週ごとのテーマに沿ったビジネス英語レッスン。(テーマ例)人事(英文履歴書の書き方)、起業(英文ビジネスレターの書き方)、広告業界、ジャーナリズム、電話応対、不動産、銀行・金融 etc… 関連するボキャブラリーを身に付け、アクティビティや質疑応答で理解力を高めます。(アクティビティ例)英文履歴書の書き方:サンプルを参考に実際に英文履歴書を作成、講師の添削。シチュエーション別ロールプレイング:ホテルフロントでの電話対応、面接デモンストレーションなど。

【目標】ビジネスシーンで使える英語を体得すること/より難易度の高いボキャブラリーを身に付け、実践で使うこと/ワーキングホリデー前の準備/TOEICスコアアップ



レッスンコンセプト

フィジー留学の学校のレッスンコンセプト


ランデブーフィジーの英語レッスンは、「会話力」の向上を一番の目標とし、少しでも英語を「話す」機会を多くすることをテーマとしています。「先生の話していることを聞いているだけのレッスン」や「ただ問題を解くだけのレッスン」では全く面白みが無くすぐに挫折してしまいます。そのようなレッスンでは、当然ですが全く「会話力」は身に付きません。私たちランデブーフィジーのスタッフ一同は、留学生主体のレッスンを行うことで、留学生に「英語を話す楽しさ」を知っていただくことを『一番の願い』としています。


『野球のルールを知っていても、いざプレイしてみるとボールがバッドに当たらない』。英会話も同じで、文法や語彙力は身に付いていても、口から出さなければ実践では使えません。ランデブーフィジーのレッスンでは、プレゼンテーションやディスカッション、ディベートなどを通して、レッスンの中で留学生自身が英語を話す機会を出来るだけ多く作ります。


講師からどんどん質問されます。即興でプレゼンテーションを行います。モーニングトークで人前でスピーチをします。宿題が出ます。・・・それは、あたかもバッティングセンターで何度も何度もバッティング練習しているようなものです。練習すればするほどボールがバッドに当たるようになるのと同じように、実際の試合でもヒットやホームランを打てるようになります。英会話についても同じで、出来るだけ多く「話す」機会を作り、少しでも多く「会話」することが上達の秘訣だと私たちは考えています。


英語は『机に座ってひたすら取り組むツライもの』ではありません。頭、体、心全体を使うコミュニケーションのツールです。今まで英語が「難しい、面白くない」と思っていた方には「英語っておもしろいかも!もっと話したい!」と思えるように、英語力のある方には更なるスキルアップを目指せるように、スタッフ一同で考え、改良を加えながら完成度を高めてきたレッスン内容となっています。レッスンの中で発言をする機会があれば、それをチャンスだと思って恥ずかしがらずに積極的にどんどん英語を話しましょう。そして学んだことを日常生活でもどんどん使いましょう。英会話力向上において、『恥ずかしさ』は一番の敵です。それは日本に置いてきてください。




英語上達のための3つのKey Point

フィジー留学の英語上達のポイント

ランデブーフィジーは、長年留学生に教えてきた経験から、第2外国語としての英語力を上げるためにこの3つのキーポイントが大切であることを認識し、レッスンにおいて常に意識しながら授業を進めています。講師はまず、「留学生の強み・弱点」を発見し、生徒の皆様がレッスンに更に積極的に参加できるようにアシストします。フィジー人は公用語として英語を学んできたので、英語学習者の私たちの気持ち(「英語って難しい」「恥ずかしい」などのネガティブなイメージ)がとてもよくわかります。だからこそ、留学生の目線に立って考え、我慢強いサポートが出来るのです。 但し、いくら生徒主体の参加型レッスンでも、難しい文法ばかりや、実際に使わないような英語レッスンの内容では意味がありません。英語レッスンは、留学生の日常生活や今までの経験に基づいたレッスン内容を進めていきます。更に積極的にディスカッションを行い、生徒同士でのアイデアを披露しあい、周りの生徒の強み・弱点を見ることにより、自身の弱点をより強化することが出来ます。




使用するテキスト

使用しているテキストはフィジーで出版されており、フィジーの全ての公立学校で使われています。バイリンガル教育を行うフィジーの学校が使う教材と同じものを使用することによって、留学生の英語の上達を目標としています。講師から配られるプリントやテキストの貸出しも行いますので、あらかじめ日本で準備する必要はありません。ランデブーフィジーのレッスンでは、テキストにとらわれすぎず、ランデブーフィジー独自の会話中心のカリキュラムに沿って、日常生活における実践的な英語を中心に学びます。

レッスン中は、留学生が机に向かい、テキストをじっと見つめる時間を減らし、とにかく英語を「話す」時間を持つのがレッスンの目標です。実際に起こりうるシチュエーションをもとに会話をしたり、ディベートやプレゼンテーションをし、英語を話す機会をたくさん作ります。レッスン内で英語をどんどん披露してください。「実践的な英語」を身に付けましょう。


フィジー留学の教科書

テキスト名 強化出来るポイント
ターゲット
(Target)
【文法、単語、リスニングエクササイズ】基本の文法、単語強化に。先生が文章を読み、留学生が質問に答える『リスニングエクササイズ』が可能。
スパークリーダー
(Spark reader)
【基礎単語、リーディング、発音、文章読解】基本の英語を学べる基礎テキスト。本校ではレベル別に1〜5を使用します。レベル1では時計の読み方、基礎会話、数など〜レベル5の長文読解、発音、語彙力強化まで、レベル別に幅広くカバーが可能。英語の基礎を固めるテキスト。
リンク
(Link)
【文章読解、発音、中級レベルの文章問題】 「文章を読む」というプロセスを通して語彙力、正しい発音を身に付ける。特徴は、文章読解の速度を速めるトレーニングが出来る点。



レッスン開始の流れ

到着日当日のプレースメントテストの結果により、クラス分けを行います。


フィジー留学のレッスン開始の流れ

  • 到着日当日のスケジュールは、フライト到着時間により変更する場合があります。
  • 土日祝日フィジー到着の場合、プレースメントテストは翌平日に行います。
  • クラス数は、留学生の人数と英語レベルによって変動します。



受講クラス

現在同時に開講されるクラスは最大4レベルです。クラス数は留学生の人数と留学生の英語レベルによって変動します。クラス分けでは会話力を最も重視しています。

クラス 英語レベル
Basic Beginner(初級1) まずは英語に慣れることが最も重要です。基礎の文法、リスニングトレーニング等を学びながら英語の基礎体力を付け、スピーチなどを通して英語への壁を失くすことを目標とします。
Elementary(初級2) 英語にだんだんと慣れて来た頃に大切なのはスピードアップです。「英語で考える」力をトレーニングします。そのためにはしっかりとした文法力、リスニング、スピーキング力が必須となります。更なるレベルアップに向けて取り組みます。
Intermediate(中級) より実践的なスピードで英語力の向上を目指します。スピーチやディスカッション、プレゼンテーションを通して会話力アップをトレーニングします。日常生活に問題ない英語力を目指します。
Advanced(上級) 日常会話が問題なく出来るレベルに達し、より専門的な知識やスキルを持つために、自己の表現力の幅を広げることを目標とします。英語で考える力の他に、更に豊富な語彙力を必要とします。
フィジー留学の卒業式



年間スケジュール・祝日

ランデブーフィジーの年間スケジュールです。カリキュラムに沿ってレッスンが進みます。レッスンはフィジー到着の翌平日〜フィジー出国の前平日までです。レッスン開始の曜日指定はありません。(※短期・長期留学に関わらず、年末年始は休校です。)


2017年・年間スケジュール

  1学期 2学期 3学期
2017年 1/4 – 3/31 4/17 – 8/11 8/28 – 12/15
  • 学期と学期の間には、長期留学生(現地85泊以上滞在)のみ2週間のホリデーがあります。
  • 短期留学生(現地84泊以内滞在)は続けてレッスンを行います。
  • 年末年始は休校です。


長期留学生向け / 長期休暇スケジュール

  1学期終了後 2学期終了後 3学期終了後
2017年 4/3 – 4/14 8/14- 8/25 12/18 – 2018年初旬
  • 長期休暇中は、学期間の総復習やフィジー国内旅行など、有意義に過ごせるよう事前に計画を立てましょう。
  • 年末年始以外の長期休暇中は続けてレッスン受講が可能です。ご希望の場合はご渡航前にご相談ください。



2017年・祝日(以下の祝日は休校です)

日程 祝日
1月2日(月) New Year’s Day(元旦)
4月14日(金) Good Friday(聖金曜日)
4月17日(月) Easter Monday(イースター・マンデー)
6月30日(金) National Sports Day(体育の日)
9月7日(木) Constitution Day(憲法記念日)
10月10日(火) Fiji Day(フィジーデー・建国記念日)
10月19日(木) Diwali(ディワリ祭)
12月4日(月) Prophet Mohammed’s Birthday(聖モハメッド誕生日)
12月25日(月) Christmas Day(クリスマス)
12月26日(火) Boxing Day(ボクシング・デー)
  • フィジー政府から発表された祝日です。
  • フィジー政府の通告により、祝日が予告なく変更する可能性があります。



講師からのメッセージ・レッスンムービー