ホーム > 留学で英語のなまり

留学で英語のなまり

フィジーの英語になまりはありますか



フィジー留学をご検討中の方に、 「フィジーは訛り(なまり)はあるんですか?」と時々聞かれます。

はい、あります。

どの英語でもなまりはあります。

例えばイギリス英語はイギリスのなまり、アメリカ英語はアメリカのなまり。 なまりのない英語は存在しません。

日本語でも、それぞれの地方や地域でなまりはありますが、 自分で自分の言葉が訛っているって、 日常あまり感じないかもしれまん。


フィジー留学で変なアクセントが身につかないのか

フィジー留学で皆さんが気になるのは、 「変なアクセントが身につかないか。」 という点です。

フィジーの場合は、大丈夫でしょう。

フィジーのローカルの英語

フィジー人は、一般的にゆっくりした英語を話します。 日本人留学生の方から、 「英語の単語、単語ひとつひとつがちゃんと分かれて聞き取れる」 と言われています。

フィジー留学の素晴らしい点は、フィジーの人たちの優しさです。 英会話初心者でも、ゆっくり合わせてくれます。しかも満面の笑顔で!

欧米にいきなり行ったら、

「相手にしてもらえない」

「英語が早すぎて聞き取れない。プロのサーブを受けるようであっという間に 話が進んでしまいついていけない。」

「話についていけなくてぽつんと孤立してしまう。 なのに、全然お構いなしにほって置かれる」

そういうことは フィジーのローカルと話す中ではないでしょう。

どんな発音なのか、実際に聞いてみてください。↓

フィジーの先生の英語





フィジーは多民族国家なので、いろんなひとがいます。

フィジー系、インド系、ポリネシア系、ミクロネシア系、 白人、華僑など。

混血も多いです。

バイリンガルやトリリンガルは当たり前です。 私の義理のいとこは聾唖者ですが、その15歳の娘はネイティブなみの英語、フィジー語、手話ができます。 フィジーの日本語スタッフの中には、4つくらいの言葉ができる人もいます。 また、年間の入国者の70%くらいが オーストラリア人とニュージーランド人、アメリカ人。 日本人は1%くらいです。

リゾートや観光客の多いナンディのデナラウ地区やリゾートに行くと、 ほとんどがネイティブ英語の世界です。

一口にフィジーのなまり、と言っても、人それぞれなのですが、 英語が上達するにつれ、また行った国に慣れるにつれ、 いろんな英語が聞き取れるようになってきます。


フィジー留学ではフィジーの人と英語を話す機会があります


フレンドリーなフィジーのローカルと英会話を楽しもう


綺麗な発音を身に付けたい

ネイティブ英語の発音になりたい!

綺麗な発音を身に付けたい!

発音を良くしようと努力するのはとてもいいことだと思います。

でも、大人になってから英語を習う場合、 なかなか発音はネイティブぽくならないです。 私も、長年フィジーなど海外に住んでいたので、 話す方も聞く方もできますが、 発音はネイティブ並みになりません。 努力しているのですが。。(涙)

私と反対に、フィジー育ちの私の子供達は 日本人の方から、「綺麗なネイティブの発音」 と言われます。

でも、 ジャパニーズなまりの英語を恥ずかしがることはありません。

日本人なのだから、ジャパニーズなまりの発音でも当たり前です。

ノーベル賞をとった日本人の授賞式でのスピーチを聞きました。 アメリカの大学の教授をされている方です。

発音は日本人ですが、堂々としっかり、はっきり話しておられました。 世界中に放映されたこのスピーチ。 授賞式の会場で満場の拍手を受けていました。

発音は気になるでしょうが、

ゆっくりと、自信を持って話そうすること

はっきり話すこと

を大切にしてください。

恥ずかしがったり、引け目を感じることは全くありません。

私の友達には、素敵なカナダ人のパートナーがいます。 夫婦の会話は英語です。

友達はジャパニーズなまりの英語です。

でも、二人はそんなこと、全然気になりません。

もっと大切なことがあるのではありませんか!

フィジー人の家にお呼ばれした時の様子

フィジーのローカルの家にお呼ばれした時の様子