ホーム > ブログ > 留学準備 > ワーホリの予算
フィジー留学情報満載!ランデブーフィジーブログ
2017年02月14日(火)

ワーホリの予算

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「フィジー留学とワーホリを組み合わせると、
予算が抑えられる上、ワーホリで働ける期間が長くなってお得」とは、いうものの、

ワーホリと留学の計画や準備をする際に、
「実際にワーホリとフィジー留学の組み合わせでは、どのくらい費用がかかるのか」
を知っておきましょう。

オーストラリアのゴールドコースト
オーストラリアのゴールドコースト

ワーホリとフィジー留学の予算

(フィジー留学費用以外は概算です。)

フィジー留学3ヶ月の後、オーストラリアで9ヶ月のワーホリをした場合です。
(ワーホリ中に8ヶ月働くとしています。)

フィジー留学の総合計費用

フィジーのヤシの木
フィジー本島の住宅街にそびえるヤシの木

項目 費用
フィジー留学費用(3ヶ月) 295,000円(ドミトリー)
航空券 120,000円(1年オープン)
フィジー滞在中の生活費 70,000円(食費、移動費など)

フィジー留学の合計は約50万円です。

オーストラリアのワーホリ

オーストラリアのワーホリは、フィジー留学生に一番人気のワーホリ先です。
フィジーから近く、毎日何便も格安航空会社(LCC)のフライトが発着しています。

オーストラリアのゴールドコースト
オーストラリアのサーファーズパラダイス

ワーホリ中の出費

項目 費用
フィジーからの往復航空券 約30,000円
ワーホリビザ代行申請 (最安値)5000円
ワーホリビザ申請料 約42,000円
生活費(食事、宿泊) 120,000円x7ヶ月=約840,000円
オーストラリア到着時の基本サービス 約65,000円

オーストラリアのワーホリの出費の総合計は、約100万円です。

オーストラリア到着時の基本サービス

オーストラリアのワーホリの日本人のお世話をする会社のほとんどは、語学学校に通うことを前提にした手配です。
語学学校からのコミッションにより、ビジネス収入を得ているからです。

フィジー留学に参加された場合、オーストラリアで語学学校に通う方はあまりいらっしゃいません。
ワーホリの斡旋会社で語学学校に通わないワーホリメーカー向けに、基本サービスだけを行っている会社は幾つかあります。
一例で、ご紹介します。

オーストラリア到着時の基本サービスは、下記の通りです。(外部会社の手配)

       
  • 到着時出迎え
  • シェアハウスチェックイン同行
  • 生活オリエンテーション
  • 銀行口座開設やタックスナンバー申請及び携帯電話など各種手続きサポート
  • 24時間サポート
  • お友達作りコミュニティ紹介
  • 仕事探しの情報提供
  • など。 

ワーホリ中の収入

オーストラリアで8ヶ月働くとすると、
8カ月のバイト収入 約120万円(月15万円とする)です。

上記に含まれないもの

  • レジャー費
  • 旅行、スポーツ、食事以外の買い物など。

  • 旅行保険代
  • 保険についてのページをご覧ください。
    フィジーは、手術を要するような重い病気や怪我でない限り、実費で払っても医療費は安いです。
    ワーホリでは、フィジーのようにいきません。高額な医療費がかかる場合があります。

フィジー留学3ヶ月とワーホリ(1年で帰国の場合)の収支は?

フィジー留学とワーホリの総合計費用

項目 費用
フィジー留学費用(3ヶ月) 約50万円
オーストラリアでの出費 約100万円
ワーホリで働いた分の収入(8か月) △約120万円
合計 △約20万円

ワーキングホリデーで8ヶ月働くと、手元に20万円残ることになります。
(保険とレジャー費を除く)

どのくらいお金を準備していけばいいのか

ワーキングホリデーで働けば、収支はプラスになる可能性があるとはいえ、フィジー留学の費用と、オーストラリアのワーホリで働くまでの出費分は最低限でも用意しておく必要があります。

懐が寂しくなって帰国を早める、ということのないように、十分な費用を用意し、またワーホリでは仕事探しは頑張ってください。
また、フィジー留学中は、ワーホリでの仕事の面接などに備えて留学の目的を忘れずに、しっかりと目標を定めて勉強しましょう。

フィジー留学なしでワーホリに行く場合

ワーホリ先の国でまず4か月語学学校に通い、その後、働いた場合です。
比べると、フィジーで留学してからワーホリに行くとかなり費用が抑えられることがわかるでしょう。

オーストラリアのワーホリ

項目 費用
オーストラリアでの出費 約225万円
ワーホリで働いた分の収入(8か月) △約120万円
費用合計 約105万円

8ヶ月間、確実に仕事をしたとしても、105万円は必要です。

カナダのワーホリ

項目 費用
カナダでの出費 約200万円
ワーホリで働いた分の収入(8か月) △約96万円
費用合計 約104万円

8ヶ月間、確実に仕事をしたとしても、104万円は必要です。

イギリスのワーホリ

項目 費用
イギリスでの出費 約280万円
ワーホリで働いた分の収入(8か月) △約96万円
費用合計 約184万円

8ヶ月間、確実に仕事をしたとしても、184万円は必要です。