ホーム > 携帯電話とインターネット

携帯電話とインターネット

フィジーの携帯電話

日本でも携帯電話しか持っていない方が多い昨今ですが、フィジーでも、一般家庭では固定電話よりも携帯電話の方が広く使われています。フィジー留学生でも、携帯電話を購入される方が時々おられます。

フィジーには、Digicel(ディジセル)/Vodafone(ボーダフォン)/Innk(インク)の3社の携帯電話会社があります。写真はDigicelショップです。

ランデブー内に公衆電話はありませんので、無料Wi-Fi以外の通信手段には、プリペイド携帯電話の購入がお勧めです。本体は3000円~、プリペイド式が主流です。日本の家族・友達と連絡を取ったり、外出の際やホストファミリーとの通信手段として便利なため、購入する留学生が多いです。特にホームステイの留学生は、ホストファミリーとの連絡手段として持っていると大変便利です。一番近場ではナンディタウンで購入出来ます。

携帯電話会社ディジセルのショップ



携帯電話を購入する場合は、ランデブー内で電波の良いDigicelの購入をお勧めします。その他の通信会社は電波が届かない場合があります。なお、SIMフリーの携帯電話を購入すれば、その他海外での使用も可能です。日本で使っている携帯電話やスマートフォンをフィジーでも利用することは可能ですが、プランによっては割高になりますので、詳しくはご利用の携帯電話会社にお問合せ下さい。

ディジセルのカウンター



プリペイド式携帯電話のチャージは、売店などで売っているRecharge Card(リチャージカード)で簡単に出来ます。数ドル単位での購入が可能です。

ディジセルのプリペイドカード



裏面のスクラッチ部分を削り、手順に沿ってシリアルナンバーを携帯電話に入力するだけでチャージが出来ます。

ディジセルのプリペードカードの裏



無料Wi-Fi@ランデブーフィジー

ランデブーのダイニングルーム・テラス・教室(一部)では無線LAN(Wi-Fi)が無料で使えます。パスワードはダイニングルームの掲示板に貼っています。貸しパソコンはありません。必要な場合は必ずノートパソコンやスマートフォンを持参して下さい。フィジーのインターネット環境は、日本のように高速ではありませんので、一度に多くの方が動画閲覧をした場合や、停電時、プロバイダーの不都合などで使えない場合もあります。ダイニングルーム・教室の消灯後(午後11時以降)は、テラスでの利用可能です。

ランデブーのワイファイ



フィジーの街のインターネット

ナンディタウンにはインターネットカフェが何件もあり、1時間100円前後から利用出来ます。

フィジーのインターネットカフェ



支払いは現金払いのみがほとんどです。入店したらまずカウンターにて受付をします。

netcafecounter



内部はパソコンがずらっと並んだだけの作りになっているので、初めての方でも、友達同士でも利用しやすい環境です。

インターネットカフェの内部



携帯電話ショップやインターネット関連のお店では、ポケットWi-Fiなどの購入も可能です。常にインターネット環境が必要な方、ホームステイ先でもインターネットを使いたい方は、ご購入をお勧めします。購入の前に、ステイ先で電波が入るか必ずお確かめ下さい。

wifizone