ホーム > 長期学生ビザ申請

長期学生ビザ申請

長期学生ビザ申請に必要な書類


フィジー留学は、現地滞在が85泊以上になると、長期学生ビザの申請が必要です。翻訳が必要なものは、翻訳会社の翻訳証明が必要です。

・ 長期学生ビザ申請用紙
・ 健康診断書(学生ビザ申請用紙の9〜11ページ)
・ 戸籍抄本(原本・英訳)
・ パスポートコピー
・ Eチケットコピー
・ 無犯罪証明書(※18歳以上の場合)
・ 親御様からの承諾書(※18歳未満の場合)
・ パスポートサイズの証明写真×4枚
・銀行口座の残高証明



以下で各書類の準備方法についてご案内します。



長期学生ビザ申請用紙

申請用紙は、以下のフィジー入国管理局のWebサイトからダウンロードの後、プリントアウトしてください。【長期学生ビザ申請用紙ダウンロードページ
プリントアウトされましたら、記入の仕方サンプルをお送りしますので、サンプルを見ながらすべてに記入してください。




健康診断書(学生ビザ申請用紙の9〜11ページ)

上記でダウンロードした長期学生ビザ申請用紙の9〜11ページに健康診断書がありますので、海外渡航の健康診断を行っているお医者様で健康診断を受けてください。健康診断の際には、こちらの健康診断書をご持参の上、必要個所をお医者様にご記入していただきます。こちらもサンプルに沿ってご記入をお願いします。なお、健康診断書は学生ビザ申請日から3ヶ月以上前のものは受け付けられませんので、診断書が完成したらすぐにビザ申請ができるようにご手配ください。




戸籍抄本(原本・英訳)

戸籍抄本の原本を英訳をご準備ください。本籍地の役所でご手配いただきますが、英訳の発行ができない場合は翻訳会社に依頼してください。オンラインで依頼できるものがたくさんあります(【戸籍抄本 英訳】と検索)。その際、必ず翻訳会社の証明・スタンプをもらってください。




パスポートコピー

パスポートの顔写真のページをコピーして同封してください。




Eチケット(往復)コピー

フィジー入国・出国日が記載されているEチケットをコピーしてください。往路便がまだ発売されておらず現地で変更されるかたは、ご購入された日付のままでご提出ください。




銀行口座の残高証明

残高は、フィジー留学でフィジーに滞在するのに十分な資金が銀行口座にあればOKです。残高は個人的な情報ですので、封筒に入れてローマ字でお名前と「bank account」と書いてください。




犯罪経歴証明書(※18歳以上の場合)

18歳以上の場合は、犯罪経歴証明書の提出が必要です。犯罪経歴証明書は、各都道府県警本部にて申請してください。発行までに10日間〜2週間かかりますので、一番最初に取りかかるのがベターです。申請に必要な書類は、各都道府県警に窓口で直接お問合せください。開封すると無効になりますのでご注意ください。




親御様からの承諾書(※18歳未満の場合)

18歳未満の場合は、親御様からの承諾書の提出が必要です。承諾書フォームをお送りしますので、親御様にサンプルを参考にご記入をしていただきます。




パスポートサイズの証明写真×4枚

写真の裏面にお名前をローマ字でご記入ください。学生ビザ申請用紙、健康診断書に各1枚ずつ貼付け、残りの2枚は予備として同封してください。



フィジーの小・中・高校に通学されるかたへ


日本の学校での在籍証明書(原本・英訳)

日本で通学されている場合は、通学されている学校からの在籍証明書の、日本語原本・英訳(合計2枚)をご準備ください。




日本の学校の成績表(原本・英訳)

日本で通学されている(もしくは通学されていた)学校での過去1年間の成績表の、日本語原本・英訳(合計2枚)をご準備ください。

長期学生ビザの書類がすべて揃ったら


ランデブー予約課スタッフと最終チェックを行い、現地ランデブーフィジーに直接郵送していただきます。郵送方法は国際スピード郵便(EMS)のご利用をおすすめしています。【宛名:Rendezvous Fiji /住所:P.O.Box 2042, Nadi, Fiji Island】 速やかに申請ができるよう、ご出発の6ヶ月前をきったら準備を始めてください。