ホーム > ブログ > フィジーの観光スポット > フィジーのウォーターパーク
フィジー留学情報満載!ランデブーフィジーブログ
2016年12月30日(金)

フィジーのウォーターパーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

フィジー留学の週末、暑い時期はプールで泳いだり、海に行ったりするのもいいですが、ウォーターパークで飛沫を上げてみませんか。

フィジー留学でスカッとするアクティビティ

ナンディのデナラウ地区にある「ビックブラウォーターパーク」に行ってきました。

フィジー留学 ウォーターパーク
(写真上)新しくできたウォータースライダー

フィジー留学でウォータースライダーが楽しめるのは、今までホテルやリゾートだけでした。
いろいろな種類のエア遊具があるウォーターパークとしては世界一だとウェブサイトに書いてありましたが、本当にいろんな種類の大きなエア遊具があります。

ここには、ウォータースライダーがいくつもあり、最初はエア遊具だけでどちらかというと、お子様向けだったのですが、
最近は本格的なウォータースライダーが登場し、おとなも子供も楽しめるウォーターパークになりました。

フィジー留学 ウォーターパークエア遊具のウォータースライダー

一つの遊具にちゃんと一人もしくは数人のスタッフがつき、安全管理やお客様の世話をしてくれます。

フィジー留学でいくウォーターパークのエア遊具子供向けに短いスライダーが何種類もあります。

日本だと、ウォーターパークは夏の期間限定だったり、室内だったりしますが、フィジーは一年中オープンです。
私は、東京の郊外にある遊園地「東京サマーランド」に行ったことがあります。
夏は野外にいろんなプールや水を使ったアクティビティが楽しめ、巨大な室内プールでは、定期的に人口の波ができて、それを楽しみに人が集まってきます。
ところがものすごい人の量で、波の出るプールはイモ洗い状態、スライダーも結構並びました。
その点、フィジーだとそんな行列なしに楽しめます。混雑とは無縁でした。

フィジー留学で行ったウォーターパークのサーフィンサーフィン体験ができるエア遊具

いろんな面白い形の遊具があり、子供達は全部やりたい!と興奮状態でした。

フィジー留学で行けるウォーターパークのエア遊具

私たちは夕方、閉園するまでいたのですが、閉園後、スイッチオフすると、あれほど大きかった遊具の中の空気がみるみるうちに減っていって、縮んでいき、ぺしゃんこになってしまうのが面白かったです。

フィジー留学中、留学生同士や親子留学でいくと楽しいでしょう。

ウォーターパークへの行き方ですが、留学生の方は、ナンディタウンからバスで15分、もしくはタクシーをご利用ください。
入り口にはちゃんとロッカーや着替え室があり、便利です。

フィジーのデナラウ地区とは

ナンディタウンからバスか、タクシーで15分。
デナラウ地区は、ナンディ川の河口にある出島です。

短い橋一本で、本土と繋がっていますが、本土から橋を渡れば、夢のように美しい整った別世界が広がっています。
フィジーのローカルの住宅地やナンディタウンとは違って、「よそ行きの顔のフィジー」です。

シェラトン、ヒルトン、ラディソン、など7つの大型リゾート&スパが海沿いに並び、マリーナ&ショッピングモール、コンドミニアム、高級住宅地、ゴルフ場、ウォーターパークなどもあります。

ショッピングモールの中には、各国料理レストランやバー、ドラッグストア、土産物店、室内キッズパーク、免税品店、高級スーパーなどがあります。

1日いても、全部見きれないかもしれません。

道行く人は、白人観光客が多く、お店のメニューもフィジードルの横にオーストラリアドル、ニュージーランドドルが並んでいます。

ちなみに、リゾートは素晴らしいのですが、海はナンディ川の河口なので、透き通った離島の海のようなわけにはいきません。そこで、ラグーンを模したプールを持ち、プールだけで楽しめるように工夫がされています。

フィジー留学の留学生は、リゾートホテルに泊まらなくても、食事やバーを利用しにホテルに入ることはできます。
格安留学で、普段は節約しながら勉強していても、旅の思い出に、また英語の勉強を頑張った自分へのご褒美に、ぜひフィジー留学中にこの別世界を見に来てみてはいかがでしょうか。

「トロピカルなスパを一度は楽しみたい!」と高級スパ体験した女性留学生もおられました。